金属を使用する3dプリント製作時のポイント

近年、家庭用の製品も増えて急速な普及ぶりを見せている3dプリント。従来は樹脂でのプリントが一般的でしたが、金属やカーボンなど、強度のある材料が使える製品も増えました。金属のプリントは、これまでは一般家庭で購入できるタイプのプリンターでは対応しきれないことが多かったのですが、近年、金属を加工することが可能な市販品も増え、複雑な加工なども行えるようになってきました。業務用3dプリンターでは、従来よりも精度がはるかに向上、加工しにくい素材の加工や、造詣が難しい形状も、すぐにプリントできるようになりました。加工の方法は、使用する機材などによって異なりますが、一般的な方法としては、粉末状の素材にレーザーを照射して焼結させていくDMP(DirectMetalPrinting)方式と呼ばれるものがあります。

熟練の技術が必要なパーツもプリント

さまざまな製品に使われているパーツのなかには、複雑に加工されたものが多く使われています。そういったパーツは、製品のなかで重要な部分に使われていますので、それが壊れたとき代替品がないと製品そのものが使用できなくなります。熟練の作業員でなければ製作できないパーツや、高価な作業機械でなければ生産できず、製品の価格が上がったり、莫大な修理費がかかったりしてしまいます。3dプリントは、そういった問題を解決する画期的な製品です。3dプリンターによる加工は、ここ数年で急速に精度が向上していますので、これまでは高い技術による手作業でしか作り出せなかったものが、ある程度までは形にすることが可能になってきました。さらに、対応できる素材の種類も増えて、細部までの加工の精度も、いっそう向上しています。さらに高い完成度を求めるのであれば、プリンターによって素早く作られたおおまかな形のものを、熟練の技でさらに修正していきます。双方の得意分野を生かして、早さと質の高さの両方を得ることができます。

加工できる素材に合わせたプリンターで

加工できる素材については、使用するプリンターの規格によって異なりますので、加工したい素材にあわせてプリンターを選ぶ必要があります。機種によっては、マレージング鋼、ニッケル合金のほか、コバルトクロム合金、チタン合金、アルミ合金などにも対応しています。これまでは技術不足であきらめていた加工も、データさえそろっていれば、その通りの形にプリントすることができます。機能が高いプリンターは、やはり高額となってしまいますが、長年修行を積んだ熟練工でなければ製造できない複雑な形の製品や、細かい調整が必要な部品などを製作するためには、人材育成の段階から費用と時間がかかってしまいます。3dプリンターはその困難を解決してくれます。予算の都合で購入は難しいという場合でも、リースやレンタルの製品もありますので、そういったサービスを探してみると良いでしょう。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし