金属を使用する3dプリントの製作時の注意点や気をつけたいこと

3dプリントの技術は非常に高度になってきており、近年ではメタル素材を取り扱うことの出来る機種も普及モデルが登場してきています。その様な流れに伴って委託製造を行う業者なども積極的に活動を行うようになってきています。それらのサービスを上手に活用することで自前の3dプリンターを導入しなくても恩恵に与ることが出来るようになりますので非常にお勧めできます。しかしながらまだまだ普及段階にある3dプリンターの製品については様々な注意点がありますので気を付けなくてはなりません。それらの注意点については知識として知っておくことによりトラブルを回避することもできますので、実際に利用するのであれば3dプリンターに関する必要最低限の知識は身に着けておきたいものです。

3dプリントは設計通りに作られます

3dプリンターは職人技のような手作業が介入する余地はなく、データとして設計された情報を元に作られる仕組みになっています。それは金属を取り扱う場合においても同じです。そのため思ったようなものが出来るかどうかは設計がどのようになっているのかによって全てが決まります。3dプリンターでは非常に細かな造形が可能であるという特徴がありますので、細かな造形を得意としている特徴がありますが、あくまでも設計の通りに作られるものであるということを理解しておく必要があります。現物を手に取った際に思っていたものと違うということはよくあります。画面上のデザインと実物は必ずしもイメージが一致しないことがありますので、厚みやサイズなどについてはしっかりと確認しておく必要があります。

金属を利用する3dプリントの強度について

メタル素材を利用することの出来る3dプリンターが普及し始めている現在、様々なメタル素材で3dプリンターを活用する発想が生まれてきています。しかしながらこの技術もこれまでの技術で作られる切削品や射出成型品、プレス品などに比較して高品質なものが作られるというものではありません。3dプリンターでなければ難しい造形というものは確かにありますが、強度面などにおいて特段優れているものではないのです。特に細かな造形が可能である3dプリンターの造形においては、他の金属加工品に比べて強度面で劣る場合も少なくありません。今後の素材の改良などにより改善していく分野であるとは言えますが、物理原則に反した造形はできませんし、強度面においてもより高いものを作ることが出来るわけではないのです。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし