金属を使った3dプリントの製作の仕方を紹介します

平面状に印刷する従来のプリンターだけでなく、立体がコピーできる3dプリントも当たり前となってきました。最初の頃はお値段も高かったですが最近では特許切れし、庶民でも手が届くお値段のものが出てきました。それに伴い、素材の種類も増えてきています。以前はゴム素材・石膏素材など樹脂素材メインで、医療現場や実験の場・フィギュア作りに活用されていましたが、最近は金属素材での3dプリントが注目され始めています。金属モチーフのアクセサリー作りなどにも便利です。すでに40万円程度までお値段も下がってきており、今後も低価格化が進むでしょうからどんどん身近になっていくでしょう。その原理や使われ方について、見ていくようにしましょう。樹脂素材とは性質が異なるため、製作の仕方もまた違ってきます。

プリンターで3Dを製作するやり方について

樹脂素材の場合は、ノズルの先端部分で溶かし、樹脂の輪切りを積み上げていくという熱溶解積層方式・FDMという方法が使われます。ただこの方法は融点が低いから。一般的に金属の場合は融点が高いためこの方法は使われません。そのため粉末燃結積層方式というやり方となります。粉末状にした材料を入れたプールを用意し、上からレーザーを照射して焼いて固めていくのです。溶かすというよりも固めるのですが、鋳型製造などにもおすすめです。わざわざ金型を作る必要がなく、小ロットの製造におすすめです。精度も高くかなり細かく切削などでは再現できないような難しい形状であっても簡単に製造できるのは強みです。レーザーだけでなく、ビームを使って照射する場合もあります。どんどん粉の中に埋もれていくため作り終えるまでその全貌は明らかになりません。

作成後にももう一つ工程が必要となります

3dプリンターで作成する場合、ベースプレートというものの上に造形していくことになります。これは他の素材でのプリンターにはない構造です。造形後はこのベースプレートを切り離す必要があります。一般的にはワイヤーカットという方法が使われるのですが、そのためプリンターで製造したらそれで終わりというわけにはいかないのです。また、造形品にはかなりの熱が溜まっているためそのままでは触ることもできません。造形品の大きさにより時間は異なりますが、冷ますための時間というのも必要となるのです。それさえ注意すれば、稼動の仕組みは意外に簡単です。更にお値段が安くなった家庭用のものが出てくれば、自分がモデリングして好きな形のパーツを作ることができ、自分だけのオリジナルアクセサリーを作るなどさまざまな活用法が考えられるでしょう。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし