金属を使った3dプリントの特徴やメリット

金属を使用した3dプリントが最近注目を集めています。金属の加工を行う際には従来は切削や鋳造などの方法が用いられてきましたが切削では工具の性能によりその精度に限界が生じてしまう事や、切断面の加工時の変形などが大きな障壁となり正確に加工できないことが多く、一定以上の精度は不可能といわれていました。近年は3dプリントの技術が普及し、繊細な造形が簡単にできるようになりました。その技術を応用してこれまでの方法では実現できなかった精度を表現する事が出来るようになり、複雑な形状や繊細な部分の表現が出来るようになったのが大きなメリットです。又、切削や鋳造では相応の大規模な設備が必要になりますが、専用のプリンターで自動的に加工がおこなわれる形となる為手軽に製作できるというメリットがあります。

専用のプリンターで簡単に製作できるのが魅力です

3dプリントは基本的にはセットするだけで簡単に精度の高い物が製作できるのが大きな魅力です。従来の加工法の場合には常に状況を確認し適宜修正を行うことが求められます。鋳造に於いては完成した後の不要な部分の切削などを行い、その精度を高めるための加工を行う必要がありますが、その際には高い技術を持った職人の能力が必要になっています。3dの方法を利用することで高い技術を必要とすることなく正確に精度の高い造形物を製作することが出来るほか、一切人手を介さずに作ることができるので非常に便利です。さらに再現性も高いので同様の精度で同じものを何度でも繰り返し製造することが出来るのも大きなメリットになっています。3dのメリットは従来の製造方法にはない簡単さと、何度でも再現できる再現性にあります。

複雑なものを簡単に製作できるのが大きな魅力です

従来金属で何かを製作する際には、加工を行う際の工具の精度によりその精度を決めることが多いものです。繊細な加工を行う際に繊細な工具が必要になる事はもちろんですが、その他に高度な能力が必要になり、なかなか簡単に製作を行うことは難しい物でした。そのため多くの企業では一定の精度以上の製品を製作する際には相応の費用や態勢を用意して行うのが主流でした。その為ある程度の数量がないとなかなか精度の高い製作が出来ないというデメリットがありました。3dのプリンターを利用することで高度な加工技術などを必要としなくても難しい形のものが簡単に製作出来るようになり、試作品などにおいてより実際の商品に近い物が製作できるようになるほか、1個でも製作できるので非常に効率の良い利用ができます。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし