健診の代行をうまく活用するコツについて

超高齢化社会を迎えた日本では、生活習慣病の予防はもはや国民全体の問題になってきています。そのため、国の方でも国民の健康維持を目的とするための特定健診での制度が2008年度から始まりました。これは、市町村自治体の国民健康保険、健保組合などが実施をしているもので、国民にもすでに広報されているものです。メタボリックシンドロームが脳梗塞や心筋梗塞などへの健康リスクが高まるに点に着目して健診するために、メタボ健診とも呼ばれています。血糖、脂質、血圧、腹囲の測定結果をもとにして、健康を維持するリスクが高いとみなされれば、食事制限、運動奨励などの指導を医療機関から受けることになります。対象者としては、腹囲の測定値が男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上とされます。この国が奨励した特定健診がさらにスムーズに受けられるように代行をするサービスが近年では普及しています。

企業に適した健診の代行会社を比較検討する

専門の機関で社員が特定健診を受けることは企業にも義務づけられていますが、多くの社員数を抱えていたり、本来の業務ではないこのような医療関係との連携業務というのは、時間的にも人材的にもそれを捻出する企業にとっては負担が大きなものでした。そこで企業に代わってこれらの業務を代行会社が行うサービスの需要が増えて今に至り、企業や多くの機関では利用がされています。今ではこのような特定健診を扱っている代行会社はネットで探すと、実に多くの業者が見つかります。業者によって提携先の医療機関がさまざまであったり、検査項目やオプション、費用などにも違いがあるなどしますので、このサービス活用を考えている企業は、自社に適した健診を受けることができる代行業者をまずは選ぶ必要があります。社員数や年齢層など企業カラーも考えて比較検討することが大切です。

信頼できる健診の代行業者を選んで永く取引する

社員を多く抱えている企業にとって、一人一人の健康状態に留意した対応は実際には難しい業務でしょうから、そこで手厚い対応サービスが整っている健診の代行会社を選ぶことが大切になってきます。検査診断の結果によってはその後も健康維持のためのアプローチを社員としていかなければならないわけですから、代行会社の対応が安心で信頼ができるものであるかは、最初の契約の時にしっかりと確認をしておく必要があります。業者の提携先の医療機関をはじめ、健診にかかる代行業務費用なども業界の相場と比べながら、自社に相応しい業者を探します。健診は一度きりではなく毎年続けていく業務ですので、社員の健康に関するデータも長期に渡って見ていく必要がありますので、最初に依頼した業者と最適な連携が初回から取れればその後の永い取引先となります。