健診の代行の把握しておきたい注意点

従業員の健康を管理することは、企業にとって重要な業務の1つであるといえます。企業に入社すると従業員は1年に1度必ず定期健診を受けなればなりません。従業員にとっても、また企業側にとってもこうした定期健診の手配や受診、検査結果の管理を行うことは非常に煩わしいと感じる場合も多いでしょう。特に企業側にとっては通常の企業活動の傍らで同時に健康診断に関わる業務を行わなければならないため、定期健診が負担となってしまっているというケースは非常に多いのです。そのため近年では健診業務を代行業者に依頼する企業が増加しています。健診の代行業者は定期健診に関わる全ての業務を委託することができるため、企業側は通常の企業活動に専念することができ、また従業員にとっても利便性が高くなりメリットが多いといえます。

健診の代行サービスの内容と業者の探し方とは

企業が定期健診を実施する方法は様々で、社内などにて集団で受診する方法や、指定の病院に従業員それぞれで受診してもらう方法があります。後者では特に誰が受診して、誰が受診していないかの把握が重要となってきます。健診の代行サービスの内容としては、業者によっても異なりますが、どの部分を委託するかを選ぶことが可能です。定期健診についてこれまで実績のない企業であれば、定期健診の検査項目の選択から病院とのやりとり、会計や従業員に対しての連絡、また未受診の従業員の把握や受診の促し、また検査結果の集計やデータ化などほぼ全ての業務を委託することが可能です。代行業者の探し方としては、最も簡単な方法はインターネットを活用することです。インターネットを活用することで近くの業者を簡単に確認することができるほか、ホームページを見ることである程度の代行サービスの内容を知ることができます。

健診の代行サービスを依頼する上での注意点とは

健診を代行業者に依頼することで、健診の業務に手間を取られずに通常業務に専念することができることからメリットが多いといわれていますが、こうした代行サービスを依頼するうえでいくつかの注意点もあります。代行業者は様々なサービスを実施していますが、企業側はどのようなサービスを求めているかをしっかりと把握しなければなりません。その上で求めているサービスを提供してもらえるかどうかや、サービスが求めているものと規模が合っているかどうかを見極めることが重要です。最近ではオンラインを使用した代行サービスも主流となりつつありますが、従業員の多い企業であればこうしたサービスは非常に利便性が高いですが、従業員の少ない中小企業では必要以上にコストがかさんでしまうケースも多いため注意が必要です。