企業で健診の代行を活用する際の相場

生活習慣病を予防する目的のために、国民一人一人への注意喚起が国からされています。その中でも2008年度から、特定健診といわれる健康診断の一環が始まりました。企業の健診の代行サービスを利用する際の相場は、会社の規模や対象となる社員数をはじめとして、検診の内容などによって費用も違ってきます。また、検査を提携している医療機関や病院での検査にかかる費用やオプションによる費用によっても金額が変わってきます。会社が全額負担もあれば、一部のオプションの負担まで有りやオプションは個人負担などというように、企業などが負担する割合もいろいろですので、それによってこのサービスを利用する時の相場も大きく変わってきます。まずはご自分が所属している企業がどの程度の負担をしてくれるのかを健康診断に対応している会社の窓口へと尋ねてみて下さい。

健診の代行を利用することは企業にも社員にもメリットがある

企業にとっての財産でもある社員の生活習慣病を予防するために行うよう義務付けられた特定健診は、市町村の自治体の国民健康保険組合または健保組合などが実施をするもので今では広く知られています。この検査では脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるメタボリックシンドロームに特に着目していますので、メタボ健診という名称でもよく知られています。血糖、脂質、血圧とか腹囲などの診断結果をもとに判断がされて、被検者がこのままでは健康を維持していくのにリスクがあると思われた時には、食事制限や運動をすすめるなどの特定保健指導を受けることになり、健康を維持させるための指導がされます。医療機関でこのような特定健診を受けるための業務を忙しい企業に代わって代行をしてくれるサービスがあることで、社員にとっても円滑な受診に繋がっています。

健診の代行を受けた結果を踏まえて企業と一緒に予後を考える

被検者が健診の代行によって受けた場合に、特定保健指導を受けるなどの予後を注意喚起される対象としては、腹囲は男性が85センチ以上で女性の場合は90センチ以上だとされています。そして実際に、診断結果によってその後の健康維持のため指導を受ける方は多いです。検診は国が健康維持のために推奨している制度ですので、企業にとっても義務と理解があるものです。もしご自分が特定保健指導を受ける対象者として一定の指導が入った時には、まずは代行サービス内容の指示に従い、また速やかに会社側にも報告や相談をしてみることをおすすめします。検診の代行サービスを利用して社員の健康維持を企業は目指しているのですから、自分の抱えている仕事との兼ね合いや、予後における検査との関わりなども含めて、企業側も一緒に考えて決めていくこととなります。