健診の代行を依頼するメリットとは

健診を毎年きちんと受けているひとは、どのくらいいるでしょうか。受けなくてはと思っていても、忙しくて時間がとれなかったり、予約してもいけなくなってそのままになっていたりと、受けていない人も多いのではないでしょうか。健診は自分の健康状態を把握する為のツールで、受けなくても問題無いと思われがちです。毎日暮らしていて問題無いから、受けるだけ時間の無駄だと考えている人もいるかもしれません。しかし、自分では気づかない病気や、症状の出ない病気などもあります。また、気づかないだけで健康ではないかもしれません。今は大丈夫でも、数年後どうなっているかわかりません。健診は自分の健康具合を計るバロメーターです。しっかりと受ける必要があります。そこで、健診の受診率を上げる為に代行サービスというものが存在します。

健診の代行サービスとは一体どんなものでしょうか

健診の代行サービスは、企業がやるべき従業員の健康診断などを代わりに行なってくれるものになります。企業で毎年健診をしていると、受診している人としていない人の把握が難しかったり、あちこちの病院で受けられると後処理が大変だったり、通常業務に加えて行っていると非常に業務量が増えてしまいます。健診結果をデータ化する必要もあります。データ化する事によって、過去の健診結果が素早く見られたり、どの様に推移しているのかを把握する事ができます。そのような検診に関わる業務を委託できるのが、代行サービスです。このサービスは企業側だけでなく、受診する従業員側にとってもメリットの大きなものになります。受診する際、病院が決まっていたリ、予約をとるのが億劫だったりしませんか。そういった小さな不満も、解決してくれます。

検診を代行してもらうメリットとデメリットについて

健診の代行サービスは、健診を受ける為の予約の段階から、受診者の代わりに行なってくれます。また、健診結果もデータ化してくれます。誰が受診して、誰が受診していないかも管理されている為、受診率の向上にも一役かってくれます。受診者も、自分で予約して会計して、というよりは受けやすくなります。企業側も、健診に関する業務がなくなり、通常業務への支障もなくなります。多くのメリットを生み出す健診代行サービスですが当然デメリットもあります。それは、費用面になります。しかしそこも、大きなデメリットとは言えないかもしれません。通常業務に加えて行っていた業務がなくなる事により、人件費が削減できます。長期的にみても、従業員の健康管理を楽にできるということは取り入れてみる価値があるでしょう。

15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 健診・保健指導実施率の向上をサポートします。 導入までの手間要らず、クラウド型健康管理システムです。 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 定額・低料金で、データ登録・移行もサポートします! 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 健診代行のサービスはウェルネス・コミュニケーションズまで